丘の地崩れを修復する

2020年02月24日
丘の記録
崩れた崖

丘中の砂利土を丸1ヶ月ふるいにかけ、この土地を花の丘にする上で最大の問題だった土壌を改善することに成功した。

しかし依然としてこの丘の問題点は残っており、次の課題は地崩れである。

側面から見た崩れた崖

この地崩れした部分には雑木林だった頃に一際背の高い竹が生えていたのだが、それが強風で煽られた際に坂ごと崩れてしまったのだ。

問題は竹、雑木をほぼ全て切り倒した今後は根張りの解消と共に別種の地崩れのリスクが増加することである。

植物の根は土粒同士を繋ぎとめてくれるので、何もなくなるとそれはそれで困るのだ。

崩れた崖

対策としてはグランドカバーに向いた植物を植えるのが良いだろう。

が、まずは前提としてこの崩れた部分を元の状態にまで戻さなければ何も始めることは出来ない。

ユンボ(油圧ショベル)を使えば作業が早いのだが、下手に坂に爪をかけるとその衝撃によって更に坂が崩れる可能性があるので原始的にスコップを使って作業することにする。

スコップが差し込まれた土砂

崩れてコンクリートに乗った部分の土をザクザクとスコップで削り、テミに乗せては思い切り上に放り投げる。

粘土質で水を吸うだけ吸って乾きにくい為に大変重い。

そもそもそういう土質だからいつも崩壊するのだろう。然もない。

修復中の崖

作業の途中でテミに一々土を乗せて上に投げるよりも、スコップで削った土をそのまま上に放り投げる方が早いと気が付く。

延々と宙に向かって土を放り投げる

土を盛られた修復中の崖

どうかスコップの衝撃で更に崩れないでくれと願いながら削っていく。

骨組みを乗せた修復中の崖

大分窪みが埋まってくると凹部分が斜面になり投げた土がそのまま滑り落ちてくるようになった為、伐採して詰んであった枝ゴミを窪みに置き骨組み代わりに使う。

枯れ木の断層が出来て後々地崩れの要因になる可能性はあるが、この真冬に汗だくで茹っていた私にはそれどころではなかった。

最悪後で縦から鉄筋でも打ち込んで対策しよう。それはそれでハンマーを打ち込む衝撃で全てが崩れ去る懸念がある。

土が積み重なった崖

窪みに置いた骨組みに土が引っかかることで修復作業が順調に進むようになった。

この作業はあくまで応急処置で、勝負どころは私なんかではなく植物たちに任せるつもりである。

側面から見た修復中の崖

大分崩れる前の状態に戻ってきたように思う。

とは言うが元が竹と雑木に覆われていて土地の全体像を理解しにくく、ハゲになった今だと崩れる前の状態は闇の中だ。

下から見上げる修復中の崖

遠めに見ても良い感じになってきたように思う。崩れてさえいなければもう何でも良い。

土が除けられたコンクリート

ひたすら削り続け、ついに崩れた土で埋まっていた底のコンクリート道の端が見えた。

思ったより土が素直に斜面で固まってくれており進捗が良い。

修復が完了した崖

底が見えてから遠からず修復作業が完了した。

急造かつ荒削りでこのまま放っておけば再び崩れるだろうが、地崩れのリスクが増える梅雨まではまだ3ヶ月程の時間がある。

それだけ時間があればどうにかなるだろう。

自転車のカゴに乗るツツジ

作業が非常に早く終わったので、植える為の植物を探してホームセンターなどを奔走する。

地面に植えられた久留米ツツジ(九重)

花の咲く低木として一番ポピュラーなツツジを購入して来た。生垣にはせず低木として育てる予定である。

丘の見晴らしの良い場所に久留米ツツジ(九重)を植えてみた。うーん幻想的。

禿げ山に植えられたツツジ

しかし現状は荒野に咲く一輪の小さな花という表現がしっくり来る状態である。

花の丘への道は遠く厳しいが継続は力なり、千里の道も一歩からだ。何時かはこの荒地を花木で埋まる丘にしてやろうと決意を固める。

修復した崖に植えられたツツジ

地崩れを修復した部分にも久留米ツツジ(暮れの雪)を植える。

申し訳程度に鹿沼土を混ぜたりしたがへんに土壌を改良しようとシャベルを崖に差し込むと再び地崩れする可能性があり、あまり大げさには手を付けられない。

潰れた粘土土

ちなみに斜面に空いた穴は落ちている土を押し付けて何度も殴りつけることで固めている。

極端に粘土質のクソ土壌をしていることから押しつぶすと一応その状態で固まってくれるのだ。

作業が楽で助かるが嬉しくはない。



s4.png 🔜 ユキヤナギを丘中に植える

s2.png 🔙 丘中の砂利と瓦礫を取り除く


トワいライト
この記事を書いた人: トワいライト
 
荒れた山を花の丘に作り変えたい

ネットにリアルタイムの連絡、発信手段を持っていないので連絡、依頼などは山まで直接よろしく候