山中の砂利と瓦礫を取り除く

2020年02月21日
丘の記録
禿げ山

今のこの丘は素晴らしい程に荒れ地そのものだ。

此処をいつかは花の丘にしてやろうと目論んでいるが、その本懐を遂げるには大きな問題が幾つかある。

今回はその内の一つにして最大の問題を解決したい。

石混じりの地面

何といってもこの丘は土質があまりに酷いのだ。植物にとって命とも呼べる土壌が大変よろしくない。

恩人の母御に聞いてみたところ数十年前は砂利道だったらしく、それが踏まれ続け土に沈んだことで60cm程の深さまで漏れなく小石だらけになったらしい。

スコップと砂利だらけの地面

おもむろに地面にスコップを振り下ろすと硬質の金属音が鳴り響く。ありがちな砂利敷き駐車場の砂利をどけた下の地面とよく似ている。

去年ハゲ山にしようと取り組んでいた時点でどうしようもない土壌だとは思っていたが、改めて向き合ってみると更にどうしようもない。

丁度良いことに私は職業柄初夏辺りまではそこそこ暇なので、朝から晩まで山に篭って砂利を除去したいと思う。

何事も下地が大事である。このまま妥協して木を植え中途半端に育てた後、やっぱり成長悪いな~なんて思ったところで後の祭り。こういうのは段取りが命なのだ。

地面に転がっている瓦礫

ただ、大きな瓦礫が転がり土をふるいにかけるどころではない場所が多々あるので、まずはそこからどうにかしなければいけない。

テミ(でかいチリトリ)に瓦礫をごろごろと乗せては

ゴミが詰まれた崖

崖に放り投げる。赤い線から先は綺麗な90度の壁面だった場所だ。

他所にも幾つか窪みはあったのだがそこは完全に枝ゴミで埋まり平面になってしまったので、ここが3箇所目のゴミ捨て場となる。

私もタダでやっている以上金をかければ全てが自腹になってしまう為、常にエコを心がけて管理に挑んでいるのだ。

ふるいに入った砂利

数日かけて山中のごろごろとした瓦礫を取り除き、ようやく砂利土をふるいにかける段階まで作業を進めることが出来た。

スコップを振り降ろす度にガキィィンという音が鳴り響く。とても土を掘る時に鳴る類の音ではない。採掘所にいるかのような気分になる。

地中から取り除いた竹の根っこ

元がほぼ竹林に近い状態になっていただけあってこの山からは竹の根が非常に良く取れる。

レアドロップで短い鉄筋、よく分からないゴミや建築資材なども。

砂利を除去している途中の地面

左がふるいをかけて砂利を取り除いた部分で、大体1メートル程進むのに1~2時間程かかる。

深さ40~50cmをふるいにかけるというのは思いのほか時間がかかるものだ。土壌の改良まで視野に入れると冬どころか春が終わるので、今はただ砂利の除去に努める。

砂利交じりの土

アルカリ性200%といった体の実に酷い土だ。それとも長い間受け続けた酸性雨できちんと逆中和されているだろうか。

ふるいにかけられている砂利と土

ひたすらふるいにかける。

砂利を除去した後の道

土にスコップを何度か振り下ろし、カツンという音が立たなくなったら目安だ。

砂利を除去した後の道

一区画の砂利の除去が完了した。この狭い範囲の作業だけですらほぼ丸1日かかる。

大分力と体力には自信があるのだが、人間の体自体が脆く長時間行動に向かない。何かを食べてもその内腹が減るしいずれは疲れるし眠くなるのだ。

こういう作業に取り組む度にいつか肉体を機械に取り替えられないものかと心底思う。感情や記憶はむしろ作業の邪魔になる。

肥料が撒かれた道

狭いスペースは土壌の改良も砂利の除去作業と平行して行うことにした。

まずは牛ふんと赤玉土、鹿沼土、石灰をぶちまける。

肥料と用土をかき混ぜた地面

全体をよくかき混ぜて作業完了。やっていることはマインクラフトの整地作業と変わらない。

このような工程を約1ヶ月昼夜毎日繰り返し、山中の砂利の除去を完了した。これで荒廃した荒れ地からまあマシな荒地くらいには昇華出来ただろう。



s3.png 🔜 丘の地崩れを修復する

s1.png 🔙 山の整地記録


トワいライト
この記事を書いた人: トワいライト
 
荒れた山を花の丘に作り変えたい

ネットにリアルタイムの連絡、発信手段を持っていないので連絡、依頼などは山まで直接よろしく候